Pixel5に最適なワイヤレスイヤホン見つけた!【NOBLE Audio FALCON2】

ガジェット/Gadgets
ガジェット/Gadgets
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ども、モリーです!

前回のPixel5の投稿で、Pixel5とAirPods Pro繋げて音声遅延もなく快適です!ということを書いたのですが、その後ゲームで使用してみたところ、音声遅延発生しちゃったんですよねぇ。。。

という訳で、他に何か良い製品が無いか探していたのですが、ようやく見つけることが出来ました!

▼それがこちらの製品、NOBLE AudioのFALCON2です!

今回は、こちらの製品の何がPixel5にとって最適な製品なのか、じっくり検証交えながらレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

Pixel5にとって理想のワイヤレスイヤホンとは

▼改めて。今回購入したのはこちらの製品です。

どうしてこれを選んだのかと言うと、下記の2点に対応した数少ない製品だったからです。

Pixel5にとって必要なワイヤレスイヤホンの仕様
  • aptXコーデックに対応していること
  • 充電ケースがワイヤレス充電に対応していること

たったこの2点しか要望は無いのですが、この要望をどちらも満たした製品って全然無かったんですよね。特にaptXコーデックに対応した製品が少なすぎる。

以下、それぞれの要望について解説していきます。

要望① aptXコーデックに対応していること

AirPods ProはAACコーデックという、標準のSBCコーデックに比べると低遅延なコーデックを使用することが出来るのですが、それでもゲームにおいては音声遅延が発生してしまいました。

となると、AACコーデック以上に低遅延なコーデックが必要となる訳で、aptX(アプトエックス)コーデックがそれにあたります。

各コーデックの低遅延の順位
(遅延が少ない)aptXコーデック<AACコーデック<SBCコーデック(遅延が多い)

aptXコーデックは、Android端末やWindowsPC等に採用されていて、iPhone等のApple製品は対応していません。

その為なのか、aptXコーデックに対応したイヤホンはすごく少ないんです。

また、aptXコーデックの中にも幾つか種類があり、より低遅延を実現するaptX LL(Low Latency)、より高音質を実現するaptX HDというものがあります。

今回購入したFALCON2は、次世代のaptXと言われるaptX Adaptiveを採用しており、状況に応じてビットレートを可変にすることで、低遅延と高音質の両方を実現したコーデックになっています。

コーデック音質(ビットレート)低遅延(遅延時間)
aptX△(48kHz/16bit)△(70ms±10ms)
aptX LL△(48kHz/16bit)40ms未満
aptX HD(48kHz/24bit×(130ms)
aptX Adaptive(48kHz/24bit50ms~80ms)

要望② 充電ケースがワイヤレス充電に対応していること

Pixel5はバッテリーシェア機能が付いているので、イヤホンの充電ケースにワイヤレス充電機能が欲しいところです。

以前イヤホン使おうとした時に、充電が切れてて使えなかった事があったので、どこでもその場で充電出来るというのは安心感がありますよね。

FALCON2 開封~製品確認

さて前置きはこれぐらいにして開封していきましょう。

▼まずは充電ケース。

写真を見る限り蓋の青い部分が安っぽく見えたので、購入する際気になったのですが、実物はそんなことは無く、上手くアクセントとしてまとまっていて高級感があります。

▼続いてイヤホン本体。

同じく青い装飾が気になっていましたが、こちらは充電ケース以上にさり気ない色味で、安っぽさは全く感じないですね。

AirPods Proと比べるとかなり小さいです。こんなんでちゃんとホールドされるのか心配になります。

▼箱の中の内容物は下記の通りです。

内容物一覧
  1. イヤホン本体
  2. 充電ケース
  3. USB A to type-C充電ケーブル
  4. マニュアル
  5. ケース
  6. 交換用イヤーチップ

▼実はこの製品を見つけたのが発売前で、期待のあまり予約時点で注文したのですが、予約特典としてqi対応の充電パッドが付いてきました。

NESTという製品らしいです。
箱の上に予約特典とシールが貼られてますが、単品でも売られているのかな?

パッドの部分がファブリックになっていて、めちゃめちゃオシャレ。
パッド自体も薄く使いやすそうです。これは嬉しい。

▼せっかくなのでNEST使って充電してみました。

充電ケースのバッテリーインジケータが点滅し、充電されていることが確認出来ます。

NESTに付属していたUSBケーブルも柔らかくて取り回しがしやすいです。

▼ついでにPixel5のバッテリーシェア機能を試してみました。

Pixel5側で「電池の共有」をオンにし、背中に充電ケースを載せてみたところ、無事充電が開始されました。

これで、要望の一つが満たされたことを確認出来ました!

FALCON2 ペアリング~装着感

では、Pixel5にペアリングして、FALCON2の性能を見ていきたいと思います。

イヤホンを左右とも充電ケースから取り出すとペアリングモードになります。
Pixel5側のペアリングは通常のBluetooth機器と何ら変わりません。

▼無事ペアリングが成功しaptXコーデックが使用されている事が確認出来ました。

続いて装着感ですが、突起物や元祖AirPodsのように「うどん」も無いので、本当に耳栓をしている感覚。装着して頭を左右に振っても取れる気配はありませんでした。

▼ちなみに以前AirPods Pro付けたまま立ち食いそばを食べたところ、ポロっと外れてそばの中にダイブしたことがありました。

勝手に外れないこと。とても大事なことです。(経験談)

FALCON2 音質確認

では、まず音質から確認していきましょう。

▼Apple MusicでKingGnu「三文小説」を試聴。

出だしの綺麗なボーカル。広がるようにそしてとてもクリアに聴こえます。
そしてベースの鳴り出し、ズーンと低音が響き、高音から低音に至る幅広い音域をバランス良く再生され、あまりの音質の良さに驚きました。

もう、ちょっと聴いただけでAirPods Proの音質を超えたことは確信。

▼このFALCON2は聴覚学者ジョン・モールトンが監修しており、音質の良さは学会レベル(?)でお墨付き。

ジョン・モールトン博士のこと全然知らなかったのですが、音楽界ではウィザードと呼ばれるほどのスゴイ人らしいですよ。

FALCON2 音声遅延確認

続いて気になる音声遅延を検証しましょう。

▼まずはYouTubeの動画で音声遅延を確認。

こちらは全く音声遅延は感じられませんでした。と言うかYouTube動画はAirPods Proの時点で音声遅延は感じられなかったので、AACコーデックでも(もしかしたらSBCコーデックでも?)問題ないのでしょうね。

この差は何なんだろう?YouTubeアプリ側が上手くコーデックを使い分けて再生タイミングをコントロールしているのかな??

▼続いて唯一インストールしているゲーム「ドラゴンクエストウォーク」で音声遅延を確認。

こちらは、よーーく聴くとほんのちょっとだけ音声遅延が発生しているようです。
感覚値としては0.1~0.2秒程度でしょうか。

とは言え、AirPods Proに比べれば遥かに低遅延です。
これまた感覚値で言うとAirPods Proの場合は0.5秒以上は遅れてくる感じがします。

たかだか0.3秒程度の違いかと思われるでしょうが、実際にプレイしてみるとFALCON2は意識しないと音声遅延を感じない程度ですが、AirPods Proはもうイヤホンで聴くのをやめようと思うほど、音声がずれて感じます。

この音声遅延の感覚については、下記(ページ最後)に紹介している動画で再現してみたので、気になる方は是非動画もチェックしてみてください。

FALCON2 その他機能確認

外音取込機能

FALOCN2には外音取込という機能が装備されています。

密閉性の強いイヤホンは耳栓のように耳を塞ぎこんでいて周りの音が聞こえにくい状態になっているのですが、ジョギングや自転車で使用する際は、周辺の音が聞こえないととても危険なので、わざと周辺の音をイヤホンの再生音に強調して乗せるのが外音取込機能です。

▼外音取込の起動は左イヤホンのボタンを1回押すだけ。

急に周りの音が入り込んでビックリしましたが、周りの音をマイクで拾ってそれをそのまま再生音に流し込んでいる感じですね。

仕組み的にも恐らくその通りの事をやっているのだと思いますが、マイクの音質があまり良くないので、ノイズが掛かった感じになり、音質的にはかなり悪くなります。

まぁ、そもそも外音取込が必要となる利用シーン(ジョギング等)においては、音質の違いが分かるような環境では無いので、問題ないかと思います。

ノイズキャンセリング機能について注意

最後にノイズキャンセリング機能についてコメントしておきます。

▼販売サイトでは下記のようにノイズキャンセリングという言葉が記載されていますが、これはAirPods Proの様に音楽再生時に行うノイズキャンセリングではありません。

頭にcVc8.0と書かれてありますが、cVc8.0とは収音時のノイズキャンセリング機能の規格であって、つまりはイヤホンに内蔵されているマイクを使って電話する場合等、こちら側が発する音声に対してのノイズキャンセルであり、音楽再生時に周辺音を相殺してより聴きやすくするノイズキャンセルではありません。

AirPods Proを始め、ハイエンド系イヤホン・ヘッドホンに搭載されているノイズキャンセリング機能は後者を指しますが、それを期待して購入するとガッカリする事になるので注意が必要です。

まとめ

と言う訳で今回はNOBLE AudioのFALCON2のレビューをお届けしましたが如何だったでしょうか?

イヤホン関連のことはかなり疎くて、iPhoneを使っていた頃も無条件でAirPods Proを選んでいたので、他にどんな製品があるのか分からず、NOBLE Audioのことは全然知らなかったのですが、先代のFALCONは国内オーディオアワード4冠達成する程で、音質についてはかなり評判の高い製品だったようですね。

FALCON2のチューニングは先代FALCONとは少し違っているようですが、音質はかなり良かったし、何といっても今回はチップセットが最新化されたことでaptX Adaptiveコーデックに対応したことにより、音声遅延がかなり低減されたことが大きな魅力となりました。

という訳でAndroid端末を使っている間は、このFALCON2をメインに使って行こうと思います!

▼今回紹介した製品はこちら!

▼動画もあります。是非ご覧ください!

Pixel5に最適なワイヤレスイヤホン見つけた!【NOBLE Audio FALCON2】

コメント

タイトルとURLをコピーしました